品種紹介

千葉県八千代市の梨園、「梨園またべー」で栽培、収穫できる梨をご紹介致します。

明水梨7月下旬~8月上旬

なめらかな食感と、強く濃厚な味が特徴の梨。
形や大きさ、色合いなどもよく多くの方に好まれる梨です。
梨園またべーで、最初に収穫される梨ですが希少なため無くなり次第終了となります。

筑水梨7月下旬~8月上旬

噛んだ瞬間口の中でほのかに桃の香りがする特徴がある珍しい梨。
水分量、糖度共に高くサッパリとした味わいが楽しめます。
筑水梨

なつみず梨7月下旬~8月上旬

現在栽培中。近年店頭販売開始予定です。
なつみず梨

香麗梨7月下旬~8月上旬

現在栽培中。近年店頭販売開始予定です。

甘ひびき梨7月下旬~8月上旬

現在栽培中。近年店頭販売開始予定です。
なつみず梨

幸水梨8月上旬~8月下旬

梨を代表する三大品種の一つで、もっとも有名な梨。
『シャリッ』とした歯ごたえと、高糖度の水分が口いっぱいに広がります。
幸水梨

秋麗梨8月下旬~9月上旬

梨を代表する三大品種の一つで、もっとも有名な梨。
『シャリッ』とした歯ごたえと、高糖度の水分が口いっぱいに広がります。
秋麗

夏光梨8月下旬~9月上旬

真っ赤な色が特徴の梨。小玉ながら濃厚な甘さを持っています。
水分量はひかえめですがなめらかな食感で人気の梨です。
希少品種の為、店頭のみの販売となります。
夏光梨

秋明梨8月下旬~9月上旬

長丸系統の独特な形が特徴の梨。中球の系統になり砂糖の様に高い糖度をもった梨。
水分が甘い砂糖水のように感じられる程の糖度は他では味わうことができません。
希少品種の為、店頭のみの販売となります。

現在栽培中。近年店頭販売開始予定です
秋明梨

豊水梨8月下旬~9月中旬

梨を代表する三大品種の一つ。柔らかな果肉と水分量が豊富な梨。
もっている糖度は幸水梨よりも高いですが、酸味が加わるためしつこさを感じないサッパリとした味わいが特徴の梨です。
豊水梨

南月梨9月上旬~9月中旬

中玉の青梨。食感がよく糖度の高い梨。
収穫量が増えてはいるものの、まだまだ希少。人気の梨のため無くなり次第終了となります。
南月梨

南水梨9月上旬~9月中旬

小玉系統の赤梨で南月梨と兄弟の梨。
食感は柔らかく、サッパリと濃厚な甘みを楽しめるのが特徴。
南水梨

ももえ月梨9月上旬~9月中旬

梨を代表する三大品種の一つで、もっとも有名な梨。
『シャリッ』とした歯ごたえと、高糖度の水分が口いっぱいに広がります。
ももえ月梨

かおり梨9月中旬

皮目からはほのかにリンゴの香りがするのが特徴の梨。
水分量、糖度共にひかえめで大玉でもサッパリと食せる梨です。
かおり梨

恋姫梨9月中旬

大玉で青梨。かおり梨と同じ見た目で愛姫梨と兄弟梨。
味は酸味がまざり水分量も多いことから、旧品種『二十世紀梨』と似たような味わいが楽しめます。梨園またべー限定品種です。
恋姫梨

愛姫梨9月中旬~9月下旬

大玉で青梨。綺麗な肌はかおり梨と区別がつかないほど。恋姫梨とは兄弟品種です。
大玉では唯一糖度が非常に高く、水分量が多い珍しい梨。
サイズも最大1.2kgと全品種で最も大きい品種になります。
梨園またべー限定品種です。
愛姫梨

妃翠梨9月中旬~9月下旬

現在栽培中。近年店頭販売開始予定です。

白鳥梨9月中旬~9月下旬

近年TV番組にて取材された事で人気になった梨。
和梨本来のサッパリとした甘味と、程よい水分量が味わえます。
独特な形から半分に割ると白鳥が羽ばたいているようにも伺えます。
白鳥梨

あきづき梨9月中旬~9月下旬

千葉県推進品種の一つで近年人気がでた梨。
豊富な水分と柔らかめな果肉が上品な甘さを引き立てています。
あきづき梨

新高梨9月下旬~10月上旬

梨を代表する三大品種最後の一つ。大玉の梨です。
以前より大味でザラザラとした食感として認知されていましたが、近年では栽培技術の向上等により糖度が非常に高く水分量がましたことで食感も改善されました。
新高梨

甘太梨10月上旬~10月中旬

現在栽培中。近年店頭販売開始予定です。
甘太梨